妻として女として (1961)

井手俊郎と松山善三のオリジナル・シナリオを、成瀬巳喜男が監督した女性映画。撮影は安本淳。

監督:成瀬巳喜男
出演:高峰秀子、淡島千景、森雅之、星由里子、仲代達矢、水野久美、淡路恵子、飯田蝶子、丹阿弥谷津子、中北千枝子

  • amazon : 妻として女として (1961)
  • prime video : 妻として女として (1961)
  • U-NEXT : 妻として女として (1961)
  • YouTube : 妻として女として (1961)

妻として女として (1961)のストーリー

綾子(淡島千景)は大学講師の河野圭次郎(森雅之)と結婚して二十四年、今度大学に入った弘子(星由里子)、中学生の進(大沢健三郎)と二人の子がある。だが、河野には十数年も続いている女、三保(高峰秀子)がいた。彼女は銀座のバー「カトリーヌ」のマダムである。河野につくし、売上げから名儀人の綾子に毎月十万円ずつ払っている。なじみ客の南に「奥さんと二号が仲よくしてるなん薄気味悪いや」と言われた。伊豆山に行った時、河野は教え子に顔を見られてうろたえた。三保は悲しかった。東京へ戻った三保は、酔って南のアパートまで行ったが、いざとなると踏みきれず逃げて帰った。久しぶりで河野が三保の家を訪れた時、彼女は泊っていくようせがんだが、彼はチュウチョした。三保は別れるより仕万がないと決心した。綾子に金か店かどちらか貰う権利があると言った。が、綾子は「被害者は妻の方よ」といってはねつけた。お腹を痛めた子を返して貰う。手段はこれしかないと三保は思った。三保は学校から帰る進を待って喫茶店へ、後楽園へと連れて遊んだ。しかし、母親であるとは打明けられなかった。進は三保の友達の福子からその秘密を聞かされた。進から二人の母が三保であることを聞かされ呆然とする弘子。綾子は嫁に来る前から子供のできない体だったのだ。弘子と進は表へ飛びだした。三保は「カトリーヌ」から去った。四十にもなって女がジタバタして五十万円、三保はくやしかった。女子寮に入った弘子のところには、家に帰ってもつまらない進が来て帰ろうとしない。校庭の樹に蝉が鳴きはじめる頃であった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 女が階段を上る時 (1960)

  2. 乱れる (1964)

  3. 稲妻 (1952)

  4. 放浪記 (1962)

  5. あらくれ (1957)

  6. ひき逃げ (1966)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。