あらくれ (1957)

日本自然主義文学の代表者、徳田秋声が大正四年発表した同名の原作より水木洋子が脚色、成瀬巳喜男が監督した文芸篇。撮影は玉井正夫。

監督:成瀬巳喜男
出演:高峰秀子、上原謙、森雅之、加東大介、三浦光子、東野英治郎、岸輝子、宮口精二、志村喬、丹阿弥谷津子、仲代達矢

あらくれ (1957)のストーリー

お島(高峰秀子)は庄屋の娘だが、子供の時から農家に貰われ、結婚話をいやがって東京に逃げ出して来た。植源の世話で神田にある罐詰屋の若主人鶴さん(上原謙)の後妻になるが、女出入のはげしい主人と、気の強いお島との間には悶着がたえない。遂に腕力沙汰の大喧嘩の果て彼女は腹の児を流して家を出た。

落着いたのは、草深い寒村の旅館浜屋。そこの女中となったのである。胸を病んだ妻と別居している旅館の若旦那(森雅之)は、彼女に想いをよせて関係を結ぶが、細君が回復して戻って来るとなれば、また家を出なければならぬ。東京へ帰って洋服店につとめるようになった。そのうち、同業の職人小野田(加東大介)を知り、ミシンを習って下谷に店をもつ。小野田は怠け者だが、勝気なお島によって、どうやら商売も軌道に乗るようになった。しかしやがて小野田の父が同居するようになると、酒飲みの老人には嫁の性格が気にくわぬ。再びゴタゴタが絶えなかった。

その時、病気になった浜屋が上京して来る。お島は本郷に店をかまえ、だんだん繁昌するが、夫は仕事一方の妻が気に入らない。植源の娘おゆう(三浦光子)を囲うようになった。その頃、病が重くなった浜屋が死んだ。暗い気持にとらわれたお島は、夫とおゆうが会っている現場をおさえ、物干竿で二人の間にあばれ込む。小野田は雨の中を逃げ出して行った。勝気で、向意気の強いお島は、男にほだされる情の詭さによって、いつまでも不幸だった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 放浪記 (1962)

  2. 浮雲 (1955)

  3. 稲妻 (1952)

  4. 女が階段を上る時 (1960)

  5. 妻として女として (1961)

  6. ひき逃げ (1966)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。