乱れる (1964)

成瀬作品を多く手がけた松山善三のオリジナル脚本により、未亡人と義弟の許されない愛を描く名作メロドラマ。スクリーンの左右にあえて空白を残した、独自の映像に注目。

監督:成瀬巳喜男
出演:高峰秀子、加山雄三、草笛光子、白川由美、三益愛子、浜美枝、藤木悠、北村和夫、十朱久雄、柳谷寛、佐田豊、中北千枝子

乱れる (1964)のストーリー

亡き夫が遺した酒屋を女手ひとつで切り盛りする礼子(高峰秀子)。会社を辞め、仕事もせずに毎日ブラブラ遊び歩いている幸司(加山雄三)。義理の姉弟である2人は、いつしか惹かれ合うように。だが、悲しい運命が彼らを待ち受けていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. あらくれ (1957)

  2. 女が階段を上る時 (1960)

  3. 放浪記 (1962)

  4. 稲妻 (1952)

  5. 娘・妻・母 (1960)

  6. ひき逃げ (1966)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。